ヘルペスも日和見感染の一つ

口唇ヘルペスの原因はウイルス性の日和見感染

口唇ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスの感染が起因となります。

そのため、そのヘルペスウイルスにさえ感染しなければ口唇ヘルペスになる心配は無いため、そうならないよう気を付ければ良いのだと、個人的には思っていた部分があります。しかし、実際のところ、そう注意するのはあまり意味が無いそうです。

なぜなら、私達人間は大抵、生きていく中で既にヘルペスウイルスに感染しており、そのヘルペスウイルスは一度人に感染すると、二度と体内からいなくならないからです。私達が無自覚の内に、既にヘルペスウイルスに感染しているなんて、全然知りませんでした。

ちなみに、ヘルペスウイルスに感染した瞬間、必ずしも口唇ヘルペスになるわけではないため、中々分かりにくいみたいです。そのため、口唇ヘルペスの大半の原因は、日和見感染とのことでした。

具体的には、普段ヘルペスウイルスの活性化を抑えている免疫が低下することで、口唇ヘルペスを発症してしまうんですね。

日和見感染の中でも、命に関わるものとして有名なAIDSですが、口唇ヘルペスの場合は、免疫力(抵抗力)が落ちるとヘルペスウイルスが活性化する事で症状が現れます。

となると、口唇ヘルペスを発症しないよう注意するためには、その免疫を落とさないようにするのが大切なんだと思います。それも言う程簡単ではありませんが、風邪をひかないよう気を付けていれば、一緒に予防はできますね。

ストレスや仕事のオーバーワーク、偏った食生活など、現代人は、体調を崩しやすい状況が至る所にありますので、身体のリフレッシュを定期的に行う事が再発を減らす事に繋がっていくのではないでしょうか。