症状別の用法用量を確認

ヘルペスの各症状におけるバルトレックスの用法用量

バルトレックス(塩酸バラシクロビル)は、ヘルペスウイルスの感染による症状を改善する働き、または、再発を抑制する上で有効な医薬品です。それらの症状別に、どのような使い方をするのか確認情報として、用法用量について掲載しておきたいと思います。

※いずれも成人が使用する場合の用法用量です。


口唇ヘルペス(単純疱疹)の場合

500mg(1錠)を1日2回
他にもニキビのように出来るものなどもありますので、そうしたヘルペスであれば口唇ヘルペスと同様の用法用量で問題ないと思います。


性器ヘルペスの再発抑制で用いる場合

500mg(1錠)を1日1回
再発を抑制する目的で使用する場合は、バルトレックス500mgを上記用量で使用しますが、これで再発した場合は、1日1回から1日2回で変更します。


帯状疱疹の場合

500mg(2錠)を1日3回
帯状疱疹や水痘の場合は、再発頻度は高くありませんが、治療完了後も痛みだけが残るというケースも少なくありませんので早めの処置により、その後の症状に影響してくることも考えられます。


水痘の場合

500mg(2錠)を1日3回
成人及び体重40kg以上の小児の場合の適応量です。
小児には、体重1kgあたり1回25mgを1日3回までとし、1回の服用限度は1,000mgまでとなります。


HIV感染症の成人

500mgを1日2回
HIVに感染すると免疫機能が低下し始め、健康であれば問題ないウイルスでも病気を引き起こしやすくなります。ヘルペスとは異なり命に関わる場合もあるので、くれぐれも自己判断で解決しないようにしましょう。