口唇ヘルペスとは

疲労の蓄積、風邪、発熱時に発症しやすい

口唇ヘルペスはウイルス性皮膚疾患の一つで、ヘルペスウイルスの感染により発症するよくある症状の一つです。ヘルペスウイルスにはいくつかの種類が有り、上半身で症状が現れるものは1型(HSV-1)のウイルスの場合が多くなります。

ヘルペスウイルスは一度感染すると、神経内にDNA情報だけの形で潜伏していて、何らかのきっかけで活動を再開し、急激に数を増やすという特徴があります。

顔の中には、三叉神経という神経が存在し、その神経の末端の一つが唇に繋がっていることから、疲れなどでヘルペスウイルスが活動的になると唇の周りに症状が現れるのです。

再発のきっかけとなるのは、熱による体調不良や過労によるものなどです。
こうした特徴から、「風邪の華」や「熱の華」と呼ばれることがあります。

再発の初期段階では、唇の執念がチクチク、ピリピリといった痛痒い感覚が現れてから間もなくすると口の周辺に小水疱(小さな水ぶくれ)ができます。この段階でヘルペスウイルスが急激に増殖しています。

その後は、膿を持った状態へと変化し、次第にかさぶたへと変わっていきますので、治療薬を使わない自然治癒だと、体調にもよりますが大体1週間から2週間程度で回復します。

バルトレックスの使用が初期段階の”見た目には症状が無いが再発の自覚症状がある状態”であれば、服用により、再発を最小限で留められる可能性も有ります。とにかく、いち早く再発を察知して服用する事が大切です。