ヘルペスウイルスと疾患の種類

8種類のヘルペスとそれぞれの疾患

そもそも、ヘルペスとはどういうものなのでしょうか。
現段階では、ヘルペスウイルスには8種類ある事が解っていて、それぞれ、以下のような病気と関連があります。また、それらをヒトヘルペスウイルス(HHV)と呼び、連番を付けてわかりやすくまとめられています。

ウイルス初期感染再発疾患
単純ヘルペスウイルス1型HHV-1性器ヘルペス・歯肉口内炎口唇ヘルペス
単純ヘルペスウイルス1型HHV-2性器ヘルペス性器ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルスHHV-3水痘帯状疱疹
サイトメガロウイルスHHV-4無症候性網膜炎、膀胱炎
EBウイルスHHV-5伝染性単核球症無症候性
ヒトヘルペスウイルス6HHV-6突発性発疹重症薬疹
ヒトヘルペスウイルス7HHV-7突発性発疹無症候性
カポジ肉腫関連ヘルペスウイルスHHV-8無症候性カポジ肉腫

この中でも身近なのは口唇ヘルペスや性器ヘルペスですが、日本人を対象としたアンケート結果を参考にすると、口唇ヘルペスで50~70%、性器ヘルペスで5~10%もの日本人が感染していると見られているようです。

また、中には再発によって辛い思いをされている方が多い一方、感染しても症状が現れないケースもあるようです。

単純ヘルペスの症状は、神経にピリピリとした痛みの兆候が現れ、その後、皮膚に水ぶくれ(水疱)が発症し、その状態が1~2週間程度続きます。皮膚に現れた水ぶくれが治まりかさぶたになる事で口唇ヘルペスの再発が終わった事になります。

年間での再発回数は、口唇ヘルペスの場合を例に取ると1~3回程度が過半数を占めるようですが、中には、2ヶ月に1回以上のペースで繰り返している方も少なくは無いので、抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックスを手放せない状態が続くかもしれません。

また、初めて口唇ヘルペスの症状が現れたのは10代と20代が大多数を占めているので、単純ヘルペスウイルスに対する認知割合が感染に関係している事も否定出来ません。

感染経路は、皮膚に触れる事で直接感染する事も有りますが、そうとも限らないのがヘルペス感染の難しいところです。

キスによる感染はもちろんの事、同じコップを使用したり、手を拭くタオルが同じものを使用しているなど、日常的な何気無い行為によっても感染する場合があるのです。
家族との共同生活、または、寮生活を送っている場合なども感染するリスク有ります。

初感染による症状は、上記の表にも示す通り、口唇ヘルペスであっても「歯肉口内炎」・「性器ヘルペス」として現れるので、最初は、口唇ヘルペスのHHV-1ではなく、HHV-2に感染したと思ってしまうかもしれませんが、性器ヘルペスと口唇ヘルペスでは、バルトレックスの処方量が異なるので注意が必要です。

また、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹以外は、聞き慣れないものも有りますが、初期感染もしくは再発で無症候性のものも有ります。

このようなヘルペスウイルスですが、現代医療では、根治するところまで到達出来ていない為、再発をうまく抑えるためにも、兆候に気がついたら早めにバルトレックスを処方する事で、再発の抑制に繋がっていく事と思います。