疲れと再発の関係

宿主の疲れ具合をチェックしている?

神経の中に潜んでいるヘルペスウイルスは、宿主である人間の体調によって再発しやすくなります。特に風邪をひいたり熱が出たり、疲れが溜まってくると症状が現れやすい傾向にありますが、それは免疫機能が落ちているからという以外に別の見解もあります。

ヘルペスウイルスは人の体を中に入り込むことで、生存し続けることができます。

つまり、人が生きていればヘルペスウイルスも生きていけるということであり、重労働などで疲れが蓄積されてくると、宿主に生命の危機が迫っていると察知して、身体の中から逃げ出そうと活発になると言われています。

ウイルス自身が生き抜く為に、症状として現れることにより新たな宿主に感染する機会を伺って出てきているという事です。

このようなウイルスの特性から、疲れの具合と唾液中のヘルペスウイルスの量を測定するという研究もされていて、通常の労働ではほとんど唾液に存在することのなかったヘルペスウイルスが、重労働によって急激に増えるという測定結果もあります。

それだけ疲労の蓄積とウイルスの増殖には関係性があるということなので、免疫維持で健康的な体を作るということ以外にもこうしたウイルスの特性を理解して、普段から健康的な生活を送るようにすることが再発の抑制に繋がると思います。

更にバルトレックスを服用することにより、疲れが出てもヘルペスウイルスが再発しないように働きかける事が可能となります。